家屋を壊す害虫とは|攻撃性があるキイロスズメバチは見つけたら早急に駆除したほうがいい
メンズ

攻撃性があるキイロスズメバチは見つけたら早急に駆除したほうがいい

家屋を壊す害虫とは

シロアリ

建材を食べてしまう

日本で家屋に被害をもたらすシロアリはヤマトシロアリとイエシロアリがほとんどです。家屋害虫と呼ばれていますが、本来は森や山の中に住み朽木や枯葉などを食べて自然環境をよくすることに役立っている虫なのです。それがいつの間にか住宅の中に侵入して建材を食べてしまうようになりました。小さなシロアリですが、それが巣を作り繁殖してしまうと家が倒壊してしまう危険性もあります。これを防ぐためにもシロアリ駆除は早急に行わなければなりません。羽アリが飛んできたら家の中か近くに巣があるのは間違いありません。ヤマトシロアリの場合は湿った場所を好むため床下や風呂場の壁の中、キッチンの流しの下などに巣をつくります。イエシロアリはヤマトシロアリより行動範囲が広くどんな場所にでも巣をつくってしまいます。

市販の殺虫剤の種類は

巣を特定できたら市販の殺虫剤でシロアリ駆除をします。殺虫剤にはエアゾールや液剤、毒餌などがあります。エアゾールは巣に噴霧するだけなので簡単です。広範囲に散布する場合は水で希釈した液剤を噴霧したほうがいいでしょう。毒餌は巣の近くに置いておくだけの最も簡単な方法です。シロアリが持ち帰った餌を巣の仲間が食べて全滅させることができます。毒餌といっても人間には安全な成分が使用されているので問題はありません。巣が特定できない場合や、床下や壁の中などシロアリ駆除が難しい場合は専門業者に依頼したほうが無難です。また個人でシロアリ駆除をしても完全ではない場合もあります。その点業者なら巣が再構築されないように完全な作業を行ってくれます。